子どもの歯並びが気になる「小児矯正」|ムシ歯にならないお口を作る子どものための歯医者さん|横浜山手キッズデンタルパーク

子どもの歯並びが気になる「小児矯正」

文字サイズ
小
大

歯並びを整える小児矯正歯科治療

歯並びを整える小児矯正歯科治療

横浜市中区・JR山手駅から徒歩3分の「横浜山手キッズデンタルパーク(おぎはら歯科医院併設)」では、お子さんの歯並びを改善する小児矯正にも対応しています。こちらでは、当院が行っている矯正治療の考え方や、対応している治療方法をご紹介します。

子どもの矯正治療について

子どもの矯正治療について

顎が発達途中にある子どものうちに、歯並びの根本的な問題を改善できれば、将来の本格矯正治療が比較的楽になります。また、身体がやわらかい時期に行うことで、治療効果が出やすいとされています。「横浜山手キッズデンタルパーク」では、お子さんのお口の状態に応じて、適切なご提案をいたします。気になることがありましたら、お早めにご相談ください。

子どもの矯正治療のタイミング
子どもの矯正治療のタイミング

矯正治療を始めるタイミングについては、お子さん一人ひとりのお口の状況、歯の生え方や心身の発達段階などを考慮する必要があります。永久歯が生えそろう前後にスタートすることが一般的ですが、これにも歯科医師によって考え方が異なります。

専門的にいうと「1期治療」「2期治療」に大きく分けられます。1期治療ができていれば、将来お子さんが2期治療を必要としたとき抜歯する必要がなくなり、負担が軽減されるというメリットもあります。

1期治療 2期治療
乳歯と永久歯の両方がお口の中に存在する生え変わり時期に行います。顎の骨の発育をコントロールしやすいため、2期治療がスムースに行えることが多くなります。 永久歯がすべて生えそろってから行う治療です。1期治療を行っていなかったり、顎と歯のバランスから、抜歯が必要となるケースが多くあります。1期治療がうまく行えていれば、抜歯リスクが減ります。
成長期に矯正するメリット
  • 顎の成長をコントロールしやすい(顎の拡大が容易)
  • 歯を動かしやすい
  • お口の機能や形態をよりよい状態で発育させられる
  • 矯正装置を装着している期間が比較的短い(症例によります)
  • ムシ歯や歯周病の予防につながる

このように、身体がやわらかく、顎も発達途中の成長期(生え変わり時期)に矯正治療を行うことはさまざまなメリットがあります。当院では、できるだけ1期治療でその後の負担が減らせるようなご提案をいたします。

横浜山手キッズデンタルパークで行っている小児矯正治療法

床矯正(しょうきょうせい)
床矯正(しょうきょうせい)

顎に歯が整列するスペースがないために起こりがちな歯並びの乱れを改善します。顎の発達に合わせて、取り外し可能な装置で内側から顎の拡大をはかります。

ブラケット矯正
ブラケット矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな部品を貼り付け、そこへワイヤーを通して負荷をかけ、歯を正しい位置に導きます。子どもの場合、床矯正と組み合わせて、抜歯せずに矯正治療が完了する場合もあります。

ムーシールド
ムーシールド

就寝時にのみ、透明なマウスピースを装着してもらう「受け口改善」の装置です。一般的な矯正治療よりも早く使える矯正装置です。

子どもの歯並び改善・矯正治療のご相談もこちらから

PAGE TOP